チェア活!〜チェアリング情報を毎週更新中!〜

気軽にアウトドアを楽しめるチェアリングの魅力を紹介します!

【チェア飯!】孤独のグルメにも登場した赤羽の名店「まるます家」のうなぎ弁当!

こんにちは、毎週都内各地でチェアリングをしている『チェア活!』のグルメ担当です。

 

チェアリングとは簡単に言えば、「折りたたみ椅子を置いて、身近な自然を楽しむこと」です。詳しくは👇をご覧ください。

samuraisan9001.hatenablog.com

 

今回はチェアリングでこそ楽しみたいグルメを紹介する『チェア飯!』です!

『チェア飯!』では、手軽に楽しめるファーストフードやコンビニ飯から地元ならではのグルメまで、アウトドアでこそ食べたいご飯を徹底的に紹介しています。

 

今回ご紹介するのは孤独のグルメにも登場した東京都北区赤羽の名店『まるます家』です!

テレビで「呑兵衛の聖地」とも紹介された赤羽を代表するお店です。

名物のうなぎ弁当を持って荒川で贅沢なチェアリングをしてみました!

 

 

 

まるます家とは

『まるます家』は1950年創業、東京都北区にある飲み屋街である「一番街」を代表する居酒屋の名店です。

鯉とうなぎが名物のお店で、このお店を目当てにわざわざ赤羽に訪れる人も多いんですよ!

 

コロッケやマグロぶつ切り、フライドポテトなどの定番からどじょう鍋や生ゆば刺しなどのめずらしい品までメニュー数の多さが特徴で、しかも多くの品が500円前後で楽しむことができます!

開店から閉店まで絶えず人が並び続けているのが当たり前で、その理由もよくわかります。

 

あのグルメ漫画の金字塔『孤独のグルメ』に登場したお店としても知られていて、主人公である五郎さんもまるます家のうなぎを注文したんですよ!

メニューが豊富なのでついつい頼みすぎてしまう五郎さんの気持ちもよくわかります。

 

出典:『孤独のグルメ』 原作 久住昌之 作画 谷口ジロー

 

 

チェアリングでうなぎ弁当をいざ実食!

見ているだけでお腹が空いてくるうなぎ弁当

 

北区を流れる雄大な荒川と台風一過で晴れ渡る空を見ながらのチェアリングです。


パッと折りたたみ椅子を組み立てて、「チェア飯!」

 

こちら1人前2,600円のうなぎ弁当で、チェア飯史上一番の贅沢飯になります。

初めてアウトドアでのうなぎですが、非日常感が強くて最高です!

 

写真からもこの香ばしさは伝わるのではないでしょうか?

注文後に目の前で焼いてくれるのでお弁当とはいえ熱々で、フタを開ければ香りが立ち上り店内にいるかのような気持ちに・・・

 

うなぎは脂がのっていて噛むほどに味が口いっぱいに染み渡り、ヘブン!

うなぎの旨味とお米の甘みをタレと山椒がぐぐぐっと引き出してくれています。

山椒がないうなぎはサトシのいないピカチュウ、いやピカチュウのいないサトシのような存在とも言えるでしょう!

 

口いっぱいに広がるうなぎの旨味とお米の甘み

台風明け、青空でのチェアリングだったので奮発してうなぎを選んでみましたが、大正解でした!

お店で賑やかな雰囲気で食べるのも良いですが、秋の風が葉を揺らす音や虫の鳴き声を聞きながらのうなぎは格別です。

 

みなさんもぜひチェアリング×うなぎ弁当で、今まで体験したことのない贅沢な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

その際には赤羽駅から5分ほどの場所にある『まるます家』のうなぎ弁当を買って、お店から15分ほどの荒川を訪れてみてくださいね!

 

『チェア活!』ではチェアリングをはじめとして、手軽に生活をもっと楽しく快適にする記事を積極的に発信しています。

ぜひ応援をよろしくお願い致します🙇‍♂

 

人気の記事はこちら👇

samuraisan9001.hatenablog.com

samuraisan9001.hatenablog.com

samuraisan9001.hatenablog.com