チェア活!〜チェアリング情報を毎週更新中!〜

気軽にアウトドアを楽しめるチェアリングの魅力を紹介します!

チェアリングが迷惑とならないために、絶対に守りたい5つの約束事!

f:id:samuraisan9001:20221006211615j:image

 

こんにちは、毎週都内各地でチェアリングをしている『チェア活!』の編集長です。

 

チェアリングとは簡単に言えば、「折りたたみ椅子を置いて、身近な自然を楽しむこと」です。詳しくは👇をご覧ください。

samuraisan9001.hatenablog.com

 

お金がかからず簡単にはじめられ、スキマ時間でも楽しめるお手軽な趣味ということもあって、今SNSを中心に注目を集めています。

 

そんなチェアリングをGoogleで検索してみると「チェアリング 迷惑」というワードが上位に表示されます。

 

SNS上でも、人の邪魔になる場所に椅子を置いたり、大きな声で騒いだりする人に対して不快な経験をした人が少なからずいるようです。

 

 

これはチェアリングに限ったことではありませんが、周囲の迷惑になることは絶対にやめましょう。

 

チェアリングが迷惑行為としてみられるようになれば、公園などに椅子を置くこと自体が禁止になることも考えられます。

自由にチェアリングを楽しむことで、結果的に、チェアリングを規制されてしまっては最悪です。

そうならないように、自由だからこそ絶対に守りたい5つの約束事を『チェア活!』がご紹介します!

 

こんな人におすすめの記事です👇

・チェアリングが好きな人

・これからチェアリングをはじめたいけど、ルールやマナーがあるか気になる人

 

 

 

禁止されている場所に椅子を置かない

公園などでは、椅子やテーブルの持ち込みが禁止となっている場所があるので注意が必要です。同様に飲食が禁止となっている場所もあります。

公園のルールが記載されている看板やホームページ等を確認しましょう。

 

私有地に無断で侵入することも絶対にやめましょう!

 

人の邪魔になる場所に椅子を置かない

椅子が禁止されていない場所でも、人の邪魔になる場所には椅子を置かないようにしましょう。

例えば道の真ん中に椅子を置けば、通行する人の邪魔になります。絶対にやめましょう。

 

危険な場所に椅子を置かない

地面が平らでない場所や高所などの危険な場所に椅子を置くことは避けましょう。

急な突風でバランスを崩して怪我につながることもあります。椅子が風で飛ばされれば、人にぶつかる危険もあります。

 

必ず自分と周りの人の危険となる場所に椅子を置かないようにしましょう。

 

ゴミは必ず持ち帰る。ゴミ袋の携帯を忘れずに

飲食したゴミは必ず持ち帰るようにしましょう、持ち帰れるゴミの量を意識して飲食を楽しむことが必要です。

チェアリングの際にはゴミ袋を必ず携帯するようにしましょう。

 

出先で何があっても、必ずゴミを持ち帰る強い意志を持ってチェアリングを楽しんでください!

 

大きな声で騒がない。話し声がうるさくらないように注意する

楽しく会話が弾むとついつい声が大きくなりがちです。そんな時も周りに気張りながら楽しむ余裕を持ちましょう。

特に住宅が近い場所や夜間でのチェアリングの際には、近隣住民の方への配慮が必要です。

 

 

公共の場でルールに従うことはもちろんですが、周りの人に迷惑をかけないことも強く意識してチェアリングを楽しみましょう。

 

チェアリングが悪いものとして社会全体に認識されてしまえば、椅子を置くことさえも規制をされてしまいます。

 

そうならないように、5つの約束事を意識してチェアリングを楽しんでください。

 

『チェア活!』との約束です!

 

『チェア活!』ではチェアリングをはじめとして、手軽に生活をもっと楽しく快適にする記事を積極的に発信していますので、ぜひ応援よろしくお願い致します🙇‍♂

 

人気の記事はこちら👇

samuraisan9001.hatenablog.com

samuraisan9001.hatenablog.com

 

samuraisan9001.hatenablog.com