「はだしを楽しむ」視点を変えて脳を鍛えるアウトドアのすすめ

 

今週のお題「何して遊んだ?」

 

こんにちは、毎週都内各地でチェアリングをしている東京都北区チェアリング部の部長です。

 

チェアリングとは簡単に言えば「折りたたみ椅子を置いて、身近な自然を楽しむです」

詳しくは👇をどうぞ

samuraisan9001.hatenablog.com

 

みなさんが最後にはだしで土や芝生を踏みしめたり、川や海に入ったのはいつですか?

 

私は最近、外ではだしになることにハマっています。特にチェアリングをしているときははだしじゃないと落ち着かないくらいです。

 

あまり大っぴらにやると変に見られるので、人の少ない川原などで楽しんでいます。本当は公園とか、もっと身近な場所でもやりたいんですけどね!

 

はだしになると色々な発見や刺激があります。草や土の硬さ、水の冷たさなど、足の下は見えないのにまるで虫眼鏡で見ているかのように情報が入ってきます。

 

人間の感覚ってすごいですよね。

 

はだしの時は、当然危険な場所をふまないように気をつけなければいけません。細部まで足元を観察して判断の連続です。

くつを履いているときは平坦に見える地面が、途端に立体の情報に変ります。

特に背が高くて硬い草は踏むと痛いので注意が必要です。

 

そんな風に、はだしであるいていると感覚を研ぎ澄ますことができます。すると脳が刺激されて気持ちいいんです、人間の野性的な感覚を呼び覚ますのでしょうか。

 

まるで虫眼鏡で足元を見ているかの様に情報が入ってきます

 

アウトドアの魅力って、感覚を研ぎ澄まして環境に順応することだと思います。

 

屋内にいると、室温はエアコンで一定に保たれていてとても無機質です。コントロールされた世界では感覚は平坦になり、決断は必要ありません。せいぜいエアコンを付けるか、室温を何度に設定するか程度でしょうか。

 

安定した状況、コントロールされた状況は最高の環境に感じます、私もそうでした、でもいまはそう思えません。

感覚が平坦になるほど脳は隠れストレスを蓄積していると感じます。

 

チェアリングをするようになってから、外で過ごす時間が増えました。外は状況が常に変化し続けます。晴れている日もあればもちろん急に雨が降ることもあります。

常に環境の変化に気をつけながら過ごします。天気予報があるとはいえ、絶対ではないのだから感覚を研ぎ澄まし、自分で決断するありません。

 

寒ければ日向に出て、暑ければ日陰に移動する。そんな簡単なことでもとても気持ちが良いものです。

アウトドアは変化し続ける環境に身を置き、五感を刺激することこそが醍醐味です。

 

実は今この記事もアウトドアで書いています。風の強弱、日の照り具合、体感温度は変化し続けています。

 

集中できないと思いますか?ストレスを感じると思いますか?

 

とてもリラックスしています、スムーズに頭が動きます。

 

積極的に感覚を研ぎ澄まし、環境に自分を合わせる力を養うことが、最高のストレス発散法で最高の遊びだと思います。

 

ぜひ皆さんも視点を変えて、アウトドアを楽しんでみてください。

はだしで歩くだけでちょっとした冒険気分を味わえるんです、やらないと損ですよ!

もちろん怪我をしないように細心の注意は必要です。ガラスや木の枝、草でさえ怪我の元です、細心の注意で楽しみましょう。

 

チェアリングもとても手軽にアウトドアを楽しめるのでぜひ楽しんでみてください!

 

人気の記事はこちら👇

samuraisan9001.hatenablog.com

samuraisan9001.hatenablog.com

samuraisan9001.hatenablog.com

samuraisan9001.hatenablog.com

samuraisan9001.hatenablog.com

samuraisan9001.hatenablog.com

samuraisan9001.hatenablog.com

samuraisan9001.hatenablog.com